北海道エアポート様、新千歳空港内の駐機場でER7の実証実験を実施

北海道エアポート様、新千歳空港内駐機場で【Basilisk ER7】によるひび割れ補修実証実験

道内航空施設で初の試み

この度北海道エアポート様ご協力のもと、新千歳空港内駐機場においてBasilisk自己治癒補修材による、ひび割れ補修実証実験を実施しました。
これは、道内での航空施設における初の試みとなります。

今回の検証は、航空機の運航時間外で補修作業をすべて完了するという時間の制限から、短時間での作業が可能な液体タイプの自己治癒補修材【Basilisk ER7】を使用し、併せてひび割れの深さや幅を考慮に入れ、6月28日の施工初日より一定の間隔を開けながら数回の繰り返し施工を実施し修復状況の経過観察を継続して来ました。

今後、北海道エアポート様の運営する新千歳空港を含む道内7空港における施設の維持管理及び新設にBasilisk商品をご提案し、施設維持管理費の軽減及びライフサイクルの延長にご協力して参ります。

北海道エアポート様のサイトには 修復経過についても掲載されております。ぜひご覧ください。

 

北海道エアポート株式会社公式Webサイト:Hokkaido Airports

本件ニュースリリース(PDF)への直リンクは⇒こちら

 


投稿順